top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンが、パターンだった、パターンだからと、もう、パターンのせいにはしたくない。

そういった思いが沸々と沸いてきます。もういつまでもパターンのせいにしたくないと。

ただ私が選べていないだけで、意識していないだけ、それはイコール私が育っていないだけなんだと改めて実感します。


黒パターンという不安をもとにした世界に自分を置いていると、あらゆることで心が揺れ動きます。

私の場合は、苦手な人、嫌いな人、不安を感じた時、恐怖を感じた時、そういった時にパターンは騒ぎ、一人相撲をしてしまいます。


苦手な人といても、嫌いであっても、嫌われても、そして不安を抱き、一人になる恐怖を感じても、自分はもう、一人でも大丈夫、やっていかれる。それを選んでいるとなんとも言えないどっしりとした生命感と、自分への信頼を感じます。これでいいんだと。


人って本来こうあるべきだと思いました。

一人である自分を尊重できるからこそ、他人も尊重できるのかもしれない。


全ては、自分を尊重できていない私がいて、私が育っていないだけだった。

最新記事

すべて表示

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

先日のセミナーで習ったことに、同事という言葉があります。 相手の立場に立つという意味です。そしてこの同事、試してみるとかなり難しいです。 相手の立場に立とうとしてもついつい自分の考えや思いが出てきて、100%相手の立場に立つことが自分を捨てていかないと無理だということに気がつきました。自分の考えや思いというのは、こうあるべき、こうあって欲しいという私のパターンです。これが動くと、相手にそれを言いた

2極のことを考えた時、よく言われるのは、ポジティブはいいことで、ネガティブはダメなもの… 私自身も以前はそう思っていました。しかし最近思うのは、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらにも役割があるのでは?ということです。 ネガティブな感情やパターンのお陰で、自分に気づくことができるし、方向修正しながら、私を育てることができます。またそのお陰で危険を察知することもできそうですし、回避することもでき

bottom of page