top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は私の先生との個人セッションの日でした。

最近向き合っているパターンについて、また近況など報告した上で、渡辺さんはどうありたいの?という質問がありました。自分の中では、強くなりたいとか、成長したいとか、自分をなんとかしたいなど、色々あるのですが、そのどれもがどうも自分でも腑に落ちずに、ついに聞いてみたのです。よくどうありたいのかと聞かれますが、その意味がいまいち自分にには分からないですと、そうしたら、私かパターンか、この2択だけ。そう答えが返ってきたのです。実にシンプルでした。


私としては、私でいる時のスッキリ感や聡明感、どこかと繋がっているような直感力、そんな濁り気ののないスッキリとした自分が一番好きです。その方が楽ですし何よりも楽しい。それにパターンでいるときはどこか悶々とし心にモヤがかかっているようで気持ちが悪いです。その感覚を知っているとやはり、パターンでいるよりも私でいる方が明らかに健全のような気がしました。


どうありたいか、難しく考えるよりももっともっとシンプルに、私かパターンか、そのどちらでありたいのか、これからはそこを基準に自分を見ていこうと思いました。そして私でいられる時間をとにかく多くして、私でいることを基本にできるようになりたい。そんなことを地で思うのでした。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page