top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

知っていると、やっている。

スマホを叩けばあらゆる情報が一瞬で手に入る便利な時代において、知っているよりも、やっていることの方が大事な気がします。


何かを知った時、気づいた時は、一瞬で解ったつもりになります。しかしやると全然できない、頑張ってもできない、そして自分を知ります。やったからこそ知ることができます。しかし知っているだけだと、解ったつもりになって満足し、そこで終了です。


どれだけ知っているよりも、どれだけやっているか、やってきたかが、その人のそれとして表に現れてくるのではないのでしょうか。なんか雰囲気あるな、あの人。そんな人は大抵何かを極めていたり、努力をしている(やっている)ので、人間に厚みを感じます。まず見ている先が全く違います。目の前のことを一生懸命にやっているんだけど、どこか遠いところを見ている。目標なのか、憧れなのか、周りに影響されることなく、黙々と自分のなすべき事を淡々とやります。そこには凛とした姿があります。

そして優しいです。それは大変さを知っているからこそ、人の気持ちが分かったり、頑張りどころを知っているからこそ、厳しくもあります。


知っているとやっているで、これだけの違いが生まれます。


知っているから一歩進めてやってみる。やっていく。

今日も自己探求を、やっていきます。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page