top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は昔他人から嫌味を言われたり、心外な言葉を言われた際、自分に眼差しを向ける前は、あの人がこうだから、こういったから、こういう人だからと、全て他人に目が向いていて、他人のせいで自分はこんなにストレスや不快感を抱いていると、全てを他責にしていました。

そこでは相手に憤慨したり、怒りを覚えたり、この相手が変われば自分は楽になれる。そのように考えどうにか自分の正しさや、怒りを露わにして「相手を変えよう」としていました。

しかしこれは、もの凄くエネルギーのいる行為です。


しかし自分に眼差し向けるようになってからは、だから自分はこんなに悔しい、悲しい、辛い、苦しい、本当はちゃんとわかってほしかった、もっと大切にして欲しかった、正当に扱ってほしかったなど、自分の本当の本心に目を向けて、自分を理解する、という行為をしてきました。

それはきっと自分の本心に気づいて、自分を大切にする行為だったと思います。


自分が楽になりたい、何かに囚われて苦しみたくない、そういった思いから初めたこの学びですが、気づいたら以前よりは随分と楽になってきたと思います。


今でも嫌なことは起こるし、失礼なことを言われたりもします。

しかし、最低限自分の中に起こることだけは、自分で責任を持って引き受けていく。

それだけは、自分の誇りとして持っていたいと思います。

自分を理解する。それは自分を大切にすることだと。


最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page