top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

初日から熱い授業でした。

全体としても、個人的にも。


パターンは決めつけとは分かっていても、まだまだその決めつけに気づかずにいる自分がいること、向き合うことから避けてきたこと、パターンを差別していること、初日から色々なことに気付かされました。その一つ一つが新鮮であり、目が覚める思いでもあります。


自分に気づけるって、すごくいいことだと思います。

気づけるからこそ、自由になり、楽で、幸せを感じられるのだと思うのです。


パターンに気づき、ワークをして、自由になることは、成長もそうですが、幸せになることなのだと思いました。幸せって外側からではなく、内側から育つものだったのです。


この人生を終えて向こうに帰った時、自分はとても幸せでしたと胸を張って言えるよう、2日目の授業も楽しんで頑張ってきます。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page