top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

俺の心の本音を言わないでほしい・・・

皆まで言うな・・・言ってくれるな・・・

ズバリ本音を言われた際に、そんな風に思うことがあります。(パターンが)

自分のパターンはドロドロしていてとてもじゃないが人様に見せられるようなものではなく、絶対に隠しておきたい。それに自分の心は脆くて弱いからそこを突かれたら立っていられなくなる。

だから、俺の心の本音を言わないで欲しい。


それは人の持つ、妬み、僻み、欲、ズルさ、弱さ、意地の悪さ、残酷さ、醜さ、そこは隠しておきたいし、それがあることを明るみにしないで欲しい、という、パターンの叫びでした。

他人からそんな部分は持ち合わせていないクリーンな人間だと思われたい、もしくはそんな自分は受け入れられない、またはそんな自分はダメだ、その全てであったと思います。


人であれば当然持ち合わせるネガティブな部分。そこに光を当ててそれと共に生きていく。

そのパターンはあるものとして目を逸らさないでいることは、パターン達を救うことにもなると思いました。


自分の中には恥ずかしいものは何一つない。

これ選びながら、共に生きていこうと思います。

最新記事

すべて表示

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

先日のセミナーで習ったことに、同事という言葉があります。 相手の立場に立つという意味です。そしてこの同事、試してみるとかなり難しいです。 相手の立場に立とうとしてもついつい自分の考えや思いが出てきて、100%相手の立場に立つことが自分を捨てていかないと無理だということに気がつきました。自分の考えや思いというのは、こうあるべき、こうあって欲しいという私のパターンです。これが動くと、相手にそれを言いた

2極のことを考えた時、よく言われるのは、ポジティブはいいことで、ネガティブはダメなもの… 私自身も以前はそう思っていました。しかし最近思うのは、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらにも役割があるのでは?ということです。 ネガティブな感情やパターンのお陰で、自分に気づくことができるし、方向修正しながら、私を育てることができます。またそのお陰で危険を察知することもできそうですし、回避することもでき

bottom of page