• 渡邊 優

白パターンを選ぼうとして白黒ワークを行い、それでも選べない白があります。

それが、一人になりたくないという黒パターンの正反対にある、一人になってもいい、という白パターンです。家族も、彼女も、友人も、その全てを失っても自分は一人でも大丈夫、というものです。これを選ぼう考えてもピンとこないし違和感しか残りません。しかも無理に選びうとすれば苦しみだけがつきまとう。そんな感覚です。


これはもしかすると一人という定義が間違っているのかもしれません。物理的な一人ではなく精神的な一人を目指すというところを改めて考えてみると、もう他人に依存するのはやめよう、自分で自分を認められるようになろう、自分の全てを許していこう、自分の全てを愛していこう、こういったところに目が向きます。


他人から認められたり、賞賛を得ようとするのではなく、他人から好かれようとするのでもなく、大切にされようとするのでもない、自分の面倒は自分で見ていく、そういった方向への白パターンだと思いました。


しっくりくるのはそう、もう他人に依存するのはやめよう、自分の全てを許していこう、自分の全てを愛していこう、この方向だと、爽やかで穏やかな風が心に染み渡ります。


今日もこの感覚を大切にしていこうと思うのでした。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ