• 渡邊 優

白パターンを選ぼうとして白黒ワークを行い、それでも選べない白があります。

それが、一人になりたくないという黒パターンの正反対にある、一人になってもいい、という白パターンです。家族も、彼女も、友人も、その全てを失っても自分は一人でも大丈夫、というものです。これを選ぼう考えてもピンとこないし違和感しか残りません。しかも無理に選びうとすれば苦しみだけがつきまとう。そんな感覚です。


これはもしかすると一人という定義が間違っているのかもしれません。物理的な一人ではなく精神的な一人を目指すというところを改めて考えてみると、もう他人に依存するのはやめよう、自分で自分を認められるようになろう、自分の全てを許していこう、自分の全てを愛していこう、こういったところに目が向きます。


他人から認められたり、賞賛を得ようとするのではなく、他人から好かれようとするのでもなく、大切にされようとするのでもない、自分の面倒は自分で見ていく、そういった方向への白パターンだと思いました。


しっくりくるのはそう、もう他人に依存するのはやめよう、自分の全てを許していこう、自分の全てを愛していこう、この方向だと、爽やかで穏やかな風が心に染み渡ります。


今日もこの感覚を大切にしていこうと思うのでした。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで