top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

同じようなパターンを持っている人の言動を聞いた時、こちらのパターンが騒ぐ、ということが起こります。例えば、自分は正しいというパターンが私にはあって、相手にも自分は正しいというパターンがあり、相手がその正しさを証明しようと色々話している時、私のパターンは騒ぎます。もううんざりだ、聞きたくないと。


それはなぜなのか?と考えていました。

この場合の私の黒パターンは「他人の自分は正しいは聞きたくない」というものです。

私の黒パターンからしたら、自分の正しさが解ってもらえない、否定された気がする、まるで自分を見ているようで嫌だ、無視された気がする、というものでした。

だから、もう聞きたくない。


そしてこのまるで自分を見ているようだから嫌だというもの。これはまだ自分の黒パターンを許せていないから騒いでいるのだと思いました。

そんな自分のパターンを含めたコミュニケーションを見ていると、黒パターン同士の会話や繋がりって、とても表面的で、どこか偽りを感じます。

本当の意味での、理解や尊重、といったところが抜けているのだと思いました。


それは以前先生が仰っていた「相手を優先する勇気」そこに繋がっているのだと思います。


やはり白パターンありき。

今日もそこへ向かい思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page