top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

白パターンを選ぶことは、まず外側への現象が始まる、最初の動機を変えていくことだと思いました。

最初の最初、元の元。

それは黒パターンの、不安や恐れや焦りからの動機なのか、もしくは白パターンの、安心や喜びや軽やかさの動機なのか、突き詰めて考えると、愛か愛じゃないか、に集約されるのだと思いました。


人間は白パターンの良い動機で行動や思考をしている時、とても軽やかで柔軟で前向きです。

しかし黒パターン特有の、囚われや執着での思考や行動をしている時は、どこかに重さやキツさ、暗さが出てきます。また病気にもなりがちです。


そう考えると人間とは、白パターンという「愛を選んで生きる」ように出来ているのだと思いました。

だからそれ以外を選ぶと、自分が苦しんだり、病気になったりするのだと思います。


普段の生活の上でも、白パターンでいる方が圧倒的に心地よく、軽やかで楽です。そのためにも、白パターンを選ぶということがとても重要なのだと思いました。


それは、自分のためにも、この地球のためにも。

最新記事

すべて表示

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

先日のセミナーで習ったことに、同事という言葉があります。 相手の立場に立つという意味です。そしてこの同事、試してみるとかなり難しいです。 相手の立場に立とうとしてもついつい自分の考えや思いが出てきて、100%相手の立場に立つことが自分を捨てていかないと無理だということに気がつきました。自分の考えや思いというのは、こうあるべき、こうあって欲しいという私のパターンです。これが動くと、相手にそれを言いた

2極のことを考えた時、よく言われるのは、ポジティブはいいことで、ネガティブはダメなもの… 私自身も以前はそう思っていました。しかし最近思うのは、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらにも役割があるのでは?ということです。 ネガティブな感情やパターンのお陰で、自分に気づくことができるし、方向修正しながら、私を育てることができます。またそのお陰で危険を察知することもできそうですし、回避することもでき

bottom of page