top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、毎日「自己否定をしない」このことを心がけていますが、これが結構難しい。

もっと頑張らないと(努力が足りないから)、いやいや、自分なんてまだまだだから・・などなど

そのような動機が自分の中にあることに気がつきました。

それは日本人特有の、「努力」することに美徳を感じていたり、(変な)「謙遜」をすることにも美徳を感じていたり、何となく素の自分を見ておらず、頑張りながらブレーキを踏むという、変な遠慮がち、控えめな状態だと思いました。

この状態での行動ではどうしても息苦しさを感じてしまい、伸び伸びと何かをするという状態ではないのです。しかし今新たに選んでいる、自分のために頑張ろうを選んでいると、無理のない状態の清々しさや楽さが伴います。


「自己否定をしない」これは以外と難しく、細かく自分を見ないといつもの癖で無意識に選びがちとなります。


しかしこの癖というもの、貧乏ゆすりや髪をいじるなど、人には様々な癖がありますが、本当に意識しないと治らないのだと改めて思いました。


新たな癖を身につけて、良い癖にしていこう!これも、大事なことなんだなと。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page