• 渡邊 優

最近、毎日「自己否定をしない」このことを心がけていますが、これが結構難しい。

もっと頑張らないと(努力が足りないから)、いやいや、自分なんてまだまだだから・・などなど

そのような動機が自分の中にあることに気がつきました。

それは日本人特有の、「努力」することに美徳を感じていたり、(変な)「謙遜」をすることにも美徳を感じていたり、何となく素の自分を見ておらず、頑張りながらブレーキを踏むという、変な遠慮がち、控えめな状態だと思いました。

この状態での行動ではどうしても息苦しさを感じてしまい、伸び伸びと何かをするという状態ではないのです。しかし今新たに選んでいる、自分のために頑張ろうを選んでいると、無理のない状態の清々しさや楽さが伴います。


「自己否定をしない」これは以外と難しく、細かく自分を見ないといつもの癖で無意識に選びがちとなります。


しかしこの癖というもの、貧乏ゆすりや髪をいじるなど、人には様々な癖がありますが、本当に意識しないと治らないのだと改めて思いました。


新たな癖を身につけて、良い癖にしていこう!これも、大事なことなんだなと。

最新記事

すべて表示

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com