• 渡邊 優

男のプライド・・・

一度は耳にしたことがある言葉だと思います。ご多分に漏れず、男性の私にもこのパターンがあります。それは、何よりもプライドが大事だというパターンです。


パターンの思っていることを聞いていくと、男性(自分)がプライドというものをどれほど大事にしているかが伺えます。

なぜなら、プライドが傷つくということは負けることだし、負けて辱めを晒すくらいなら死んだほうがマシだし、プライドを捨てることは命を捨てることだと思っているからです。プライドは命よりも大切だと思っているのです。負け、下、舐められる、そいったことに極度に反応します。


このパターンが強い時は自分を出すのに苦労しました。何せプライドというエベレストくらい高いものを持っているので、下に見られたり、馬鹿にされたり、見下されたりして、自分を低く見られることが許せなかったからです。そうするとそのように思われたくないから当然自分を出すことを控えます。つまりそれは、プライドを守るための保身となります。もしくは自分より弱いものを使ってプライドを強化します。それが、プライドに囚われた在り方でした。


ですが今なら少しわかります。プライドよりも尊厳の方が大切だということが。

それは自分が続けてきた意思力(努力)や、自分に対する理解の深まり、共感などなど、重ねてきた全てが自分の尊厳へと変わり、背骨になっているのだと思います。


もうプライドは脱ぎ捨てて、尊厳を大事にしていこう。

全ての男性がそう思えたらいいな〜と思いました。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が