• 渡邊 優

男のプライド・・・

一度は耳にしたことがある言葉だと思います。ご多分に漏れず、男性の私にもこのパターンがあります。それは、何よりもプライドが大事だというパターンです。


パターンの思っていることを聞いていくと、男性(自分)がプライドというものをどれほど大事にしているかが伺えます。

なぜなら、プライドが傷つくということは負けることだし、負けて辱めを晒すくらいなら死んだほうがマシだし、プライドを捨てることは命を捨てることだと思っているからです。プライドは命よりも大切だと思っているのです。負け、下、舐められる、そいったことに極度に反応します。


このパターンが強い時は自分を出すのに苦労しました。何せプライドというエベレストくらい高いものを持っているので、下に見られたり、馬鹿にされたり、見下されたりして、自分を低く見られることが許せなかったからです。そうするとそのように思われたくないから当然自分を出すことを控えます。つまりそれは、プライドを守るための保身となります。もしくは自分より弱いものを使ってプライドを強化します。それが、プライドに囚われた在り方でした。


ですが今なら少しわかります。プライドよりも尊厳の方が大切だということが。

それは自分が続けてきた意思力(努力)や、自分に対する理解の深まり、共感などなど、重ねてきた全てが自分の尊厳へと変わり、背骨になっているのだと思います。


もうプライドは脱ぎ捨てて、尊厳を大事にしていこう。

全ての男性がそう思えたらいいな〜と思いました。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価