• 渡邊 優

男のプライド・・・

一度は耳にしたことがある言葉だと思います。ご多分に漏れず、男性の私にもこのパターンがあります。それは、何よりもプライドが大事だというパターンです。


パターンの思っていることを聞いていくと、男性(自分)がプライドというものをどれほど大事にしているかが伺えます。

なぜなら、プライドが傷つくということは負けることだし、負けて辱めを晒すくらいなら死んだほうがマシだし、プライドを捨てることは命を捨てることだと思っているからです。プライドは命よりも大切だと思っているのです。負け、下、舐められる、そいったことに極度に反応します。


このパターンが強い時は自分を出すのに苦労しました。何せプライドというエベレストくらい高いものを持っているので、下に見られたり、馬鹿にされたり、見下されたりして、自分を低く見られることが許せなかったからです。そうするとそのように思われたくないから当然自分を出すことを控えます。つまりそれは、プライドを守るための保身となります。もしくは自分より弱いものを使ってプライドを強化します。それが、プライドに囚われた在り方でした。


ですが今なら少しわかります。プライドよりも尊厳の方が大切だということが。

それは自分が続けてきた意思力(努力)や、自分に対する理解の深まり、共感などなど、重ねてきた全てが自分の尊厳へと変わり、背骨になっているのだと思います。


もうプライドは脱ぎ捨てて、尊厳を大事にしていこう。

全ての男性がそう思えたらいいな〜と思いました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。