• 渡邊 優

自分の生きる場所は自分で選んでいきたい。

そんなことを考えています。

それは内面の世界と外側の世界、どちらも意識的に選んでいくというものです。


例えば「嫌われたくないと」言うパターンがあるとして、その真逆の白パターンは「嫌われてもいい」というものです。しかし、「この嫌われてもいい」という白パターンの中にはそれでも一人でやっていく、生きていくということも含まれています。他にも「大切にされたい」や「認められたいも」同じで、認められなくてもいい、自分を自分で認められる自分になろう、大切にされなくてもいい、自分を大切に扱っていこう。

こうやって他人に依存するでもなく、またパターンにも頼らず、自分の足で立ち、歩いて行く。新たに選ぶ白パターン全てが自立への道のりなのだと思いました。


人には様々なパターンがあります。しかしそれに支配されず、また他人にも支配されず、「私」として生きていくことこそに、人生の醍醐味があるのではないかと思いました。

そんな醍醐味を存分に感じて生きて行けたらきっと、良い人生なんだと思う。

最新記事

すべて表示

自信と強さ

相変わらず自立をテーマに毎日を生活しています。 自立するということは、一人で考えて、一人で決めて、一人で決めたことを行動に移す。そこからしか自分の中に根付く自信や、強さは育たないと思いました。そこには自分に対する責任や、引き受けていく強さや覚悟が必要になります。それが、自立につながるのだと思いました。 一人で考えて、決めて、行動することを、私はやっていきたいのだと思います。 それをすることによる本

リベンジならず

昨日の鰆はリベンジならずでした。 4人で行ったのですが誰も釣れず、自然相手の厳しさを目の当たりにしたのです。 それは、自然相手には全く思い通りにならないというものでした。人間相手には思い通りにならないとパターンは騒ぎますが、自然相手だと全く騒ぎません。なぜでしょう? 人間相手にパターンが騒ぐというのは、自分より下の人間に対して思っているのかも?と思いました。そして自然は自分よりも上だと思っているの

春真っ盛り

私にとって、今が春真っ盛りです。 なぜなら、花粉症だから・・・ もうこの花粉症とは長い付き合いで、発症したのが小学2年生の頃ですから既に40年になります。 この花粉症、本当に厄介で、今でこそ注射も薬もよく効くようになったので随分とマシにはなりましたが、昔の薬があまり効かなかった時代では、クシャミ、鼻水、目の痒みだけではなく、顔じゅうが痒く炎症も出てきて本当に春が嫌でしょうがなかったです。 しかし最

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com