• 渡邊 優

自分の生きる場所は自分で選んでいきたい。

そんなことを考えています。

それは内面の世界と外側の世界、どちらも意識的に選んでいくというものです。


例えば「嫌われたくないと」言うパターンがあるとして、その真逆の白パターンは「嫌われてもいい」というものです。しかし、「この嫌われてもいい」という白パターンの中にはそれでも一人でやっていく、生きていくということも含まれています。他にも「大切にされたい」や「認められたいも」同じで、認められなくてもいい、自分を自分で認められる自分になろう、大切にされなくてもいい、自分を大切に扱っていこう。

こうやって他人に依存するでもなく、またパターンにも頼らず、自分の足で立ち、歩いて行く。新たに選ぶ白パターン全てが自立への道のりなのだと思いました。


人には様々なパターンがあります。しかしそれに支配されず、また他人にも支配されず、「私」として生きていくことこそに、人生の醍醐味があるのではないかと思いました。

そんな醍醐味を存分に感じて生きて行けたらきっと、良い人生なんだと思う。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、