top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

もう他人をあてにするのはやめようと、自分への信頼を育てるべく、白パターンを選択中ですが、その中にいると、安心感、安堵感、安らぎを感じ「もう自分を信頼していい」というのが自分の中にあることにちょっとした驚きを感じています。


そして今まで自分を信頼していないがために、沢山の鎧をつけて、信頼できる人を装ってきたことに気がつきました。それはお金や自分を大きく見せるための沢山の物品、情報、知識、資格、それによる虚勢、背伸び、数え上げたらキリがありませんが、自分を信頼していなかったために頼っていた物事です。それらがあれば不安や恐れがなくなり、自分の支えになると思っていました。


しかし、不安や恐れに則った行動というのはなかなか安心感には繋がりません。むしろ不安や恐れを助長するだけのようにも思います。


自分を信頼する、ということは生きていく上で、本当の安心感につながるのではないかと思いました。


そしてそれは誰の中にもあって、そうやって生きればいいとどこからか、言われている気もします。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page