• 渡邊 優

セミナー1日目も無事に終わり今日は2日目です。

1日目で目が覚める思いをしたのはまさに「理解するために聞く」というもの。誰かに何かを聞くときに「こんなことを言われたらどうしよう、聞いて怒られたり責められたりしたら嫌だ、それで傷つきたくない、いい人でいたい、嫌われ者のなりたくない、悪者になりたくない」そんな黒パターンに囚われて、聞かないなんてことは私の場合よくあり、スルーすることがあります。


しかし「理解するために聞く」それはまさしく白パターンでの動機であり、決して相手を責めるわけではなく、理解したいという動機に基づいた「聞く」だったのです。

どれだけ純粋に相手のことを思えるか、それを行動に移せるかが大切だと思いました。


また自分の主張を「ちゃんと言う」と言うことも同じことで「こんなことを言ったら嫌われる、言って波風を立てたくない、言って責められたくない、傷つきたくない、嫌われ者になりたくない、悪者になりたくない」そんな黒パターンに囚われて言わないなんてことが、これまたよくあります。ちゃんと言う、ということは、自分の尊厳を守るためだったり、自分はこういう人間ですと表明するために伝えることでもあるのです。


ちゃんと言う。

ここでも白パターンでの動機が大切なのだと思いました。


今日はこれから2日目です。本質の学びを一語一句漏らさず、全て吸収していきたいと思います。


しかし今回の台風、強い強いとは思っていましたが、これほど離れているのにこの雨風。

これが直撃していたらタダじゃすまなかったと思いますし、大事にならなくて本当によかった。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ