• 渡邊 優

セミナー1日目も無事に終わり今日は2日目です。

1日目で目が覚める思いをしたのはまさに「理解するために聞く」というもの。誰かに何かを聞くときに「こんなことを言われたらどうしよう、聞いて怒られたり責められたりしたら嫌だ、それで傷つきたくない、いい人でいたい、嫌われ者のなりたくない、悪者になりたくない」そんな黒パターンに囚われて、聞かないなんてことは私の場合よくあり、スルーすることがあります。


しかし「理解するために聞く」それはまさしく白パターンでの動機であり、決して相手を責めるわけではなく、理解したいという動機に基づいた「聞く」だったのです。

どれだけ純粋に相手のことを思えるか、それを行動に移せるかが大切だと思いました。


また自分の主張を「ちゃんと言う」と言うことも同じことで「こんなことを言ったら嫌われる、言って波風を立てたくない、言って責められたくない、傷つきたくない、嫌われ者になりたくない、悪者になりたくない」そんな黒パターンに囚われて言わないなんてことが、これまたよくあります。ちゃんと言う、ということは、自分の尊厳を守るためだったり、自分はこういう人間ですと表明するために伝えることでもあるのです。


ちゃんと言う。

ここでも白パターンでの動機が大切なのだと思いました。


今日はこれから2日目です。本質の学びを一語一句漏らさず、全て吸収していきたいと思います。


しかし今回の台風、強い強いとは思っていましたが、これほど離れているのにこの雨風。

これが直撃していたらタダじゃすまなかったと思いますし、大事にならなくて本当によかった。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。