top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

理解されたいという黒パターン。

きっと誰にでもあって、他者に理解を求めるこの黒パターンは、時に認められたいや、愛されたいと形を変え、それらを渇望します。


特に身近な方、(妻や夫、彼や彼女、両親)一番分かってもらいたい方から理解を得られずに、また否定された場合は、深い悲しみや失望を感じ、後に怒りや憎しみへと転嫁していきます。

それだけ深く傷つき、悲しみが深かったと、解釈してもいいと思います。

このような経験を数多くすると、あらゆる人や物事を信じられなくなり、世間や社会は危険で危ないものだと信じはじめます。


ですから、それほど深く傷つき、悲しんでいる自分を労ってあげて下さい。

まずは、そんな自分を見つめて下さい。

ご自身のパターンを発見する第一歩となります。

そして、なぜ悲しかったのか。なぜこれほどまでに傷付いたのか。

そうするとパターン達は語りかけてくれます。

愛されていない気がする、大切にされていない気もする、裏切られた気もする、信じていたのに・・・

だからこそ深く傷つき、深い悲しみが自分の中にあったと気付けるはずです。


それがパターンです。

そして、そのパターンの言い分を聞いているのが本当の「私」です。

悲しみを感じ、傷付いた痛みを感じているのが本当の「私」です。


そんな風に、少し、自分のことを大切に理解してみて下さい。

きっとパターン達は喜びます。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page