• 渡邊 優

理解されたいという黒パターン。

きっと誰にでもあって、他者に理解を求めるこの黒パターンは、時に認められたいや、愛されたいと形を変え、それらを渇望します。


特に身近な方、(妻や夫、彼や彼女、両親)一番分かってもらいたい方から理解を得られずに、また否定された場合は、深い悲しみや失望を感じ、後に怒りや憎しみへと転嫁していきます。

それだけ深く傷つき、悲しみが深かったと、解釈してもいいと思います。

このような経験を数多くすると、あらゆる人や物事を信じられなくなり、世間や社会は危険で危ないものだと信じはじめます。


ですから、それほど深く傷つき、悲しんでいる自分を労ってあげて下さい。

まずは、そんな自分を見つめて下さい。

ご自身のパターンを発見する第一歩となります。

そして、なぜ悲しかったのか。なぜこれほどまでに傷付いたのか。

そうするとパターン達は語りかけてくれます。

愛されていない気がする、大切にされていない気もする、裏切られた気もする、信じていたのに・・・

だからこそ深く傷つき、深い悲しみが自分の中にあったと気付けるはずです。


それがパターンです。

そして、そのパターンの言い分を聞いているのが本当の「私」です。

悲しみを感じ、傷付いた痛みを感じているのが本当の「私」です。


そんな風に、少し、自分のことを大切に理解してみて下さい。

きっとパターン達は喜びます。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。