• 渡邊 優

理想を求める黒パターンって、沢山あります。

自分自身に理想を求めて、邁進する黒パターン。

外側の他人や彼女、妻、旦那、家族、友人に理想を求めてしまう黒パターン。


その中でも、自分に理想を求めてしまう黒パターンが一番キツイと、今までの経験則で感じています。

それは、自分に理想を求めてしまうあまり、自分を常にジャッジし、裁き、ダメ出しをし、責めて、攻撃して、自分自身を傷つけていくというもの。


理想の自分てどんなもの?とパターンに問いかけると、誰からも愛され、誰をも愛し、誰をも許し、誰からも認められ、レベルやミームが高くて、常に正しくて、頭も良くて、なんでもできて、人々から羨望されて、一つの綻びも無い、まあ一言でいうと、完璧な自分。

少なくともそんな自分を求めて邁進すると、苦しみます。なぜなら、自分がそうであったから。


そうなれない自分、そうではない自分、間違いも失敗もして、人を傷つけることもあり、そんな自分にイライラして、思い通りにいかず、自分に刃を立てる。

なれないものになろうとしても無理があって、ならば今の自分を認めていくか、もしくは諦めていくしかない、それはこの自分でいくしかないと腹を括って覚悟を決めると言うもの。


自分を好きになるというと聞こえはいいのですが、今の自分には諦めていくと言うのが一番腑に落ちていて、きっと自分に諦められたら、他人にもそう求めなくなるのだろうと思うのです。


まずは自分から。今日も理想を求めず淡々と選んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側