• 渡邊 優

理想を求める黒パターンって、沢山あります。

自分自身に理想を求めて、邁進する黒パターン。

外側の他人や彼女、妻、旦那、家族、友人に理想を求めてしまう黒パターン。


その中でも、自分に理想を求めてしまう黒パターンが一番キツイと、今までの経験則で感じています。

それは、自分に理想を求めてしまうあまり、自分を常にジャッジし、裁き、ダメ出しをし、責めて、攻撃して、自分自身を傷つけていくというもの。


理想の自分てどんなもの?とパターンに問いかけると、誰からも愛され、誰をも愛し、誰をも許し、誰からも認められ、レベルやミームが高くて、常に正しくて、頭も良くて、なんでもできて、人々から羨望されて、一つの綻びも無い、まあ一言でいうと、完璧な自分。

少なくともそんな自分を求めて邁進すると、苦しみます。なぜなら、自分がそうであったから。


そうなれない自分、そうではない自分、間違いも失敗もして、人を傷つけることもあり、そんな自分にイライラして、思い通りにいかず、自分に刃を立てる。

なれないものになろうとしても無理があって、ならば今の自分を認めていくか、もしくは諦めていくしかない、それはこの自分でいくしかないと腹を括って覚悟を決めると言うもの。


自分を好きになるというと聞こえはいいのですが、今の自分には諦めていくと言うのが一番腑に落ちていて、きっと自分に諦められたら、他人にもそう求めなくなるのだろうと思うのです。


まずは自分から。今日も理想を求めず淡々と選んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ