top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自己探求をしていくと、パターンの視点ではなく、ありのままの現実を少しづつですが知っていくというものがあります。その中でも現実の自分を知るということがとても大事なことのように思いました。


自己評価、という視点で自分を見る時、2〜3割増しで自分を評価していることがあります。プライドという視点で自分を見た時、そのようなことが私の中で起こっていました。ですが、そうやって自分を見ていると、いざ本当の自分を知ったときに、がっかりしたりショックを受けたりします。正直私はずいぶんそこで苦しみました。それはプライドが傷ついたり、プライドが許さなかったりと、気持ち的には落ち込んだり、自分にイライラしたりして、あらゆる意味で自分を許せなかったのだと思います。


ですが、リアルな自分を知ると言うのは決してダメな自分というわけではなく、ありのままの自分であり、ありのままを自分を知るからこそ、そこから現実的な努力ができるのだと思うのです。


現実の自分を知るというのは、そしかしたら皆んな苦手なことなのかもしれません。良い悪いという価値観の中で育つと、不思議と自分を裁き続けるのだと思います。裁きながら、けれど認められたい。

きっと誰かに認められたら、もう自分を裁かなくてよくなると、パターンは思っているのだと思いました。


裁かないで、現実の自分を見る視点が大事なのだと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page