top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

黒パターンで物事を見ている時、強い決めつけで見ているときがあります。

普通はこうでしょう、こうあるべき、などなど、でもそれって、自分の世界だけの見方で、現実はそうではなく、ただそうあるだけ。


こうあるべきとか、普通はこうでしょうなどの、ただ目の前にある現実を受け入れずに、自分の決めつけで現実に逆らうと、心に苦しさが残ります。目の前の現実に争うのって、とてもエネルギーを使うからです。川の流れに逆らって漕ぐような感じです。


たとえば私の持つ、負けたくない、舐められたくない、などのパターンで世界を見たとき、色々な人がライバルや敵に変身してしまいます。世の中の人々が自分に競ってくる、マウントをしてくると、パターンは思っているんです。そして、自分の中でず〜っと戦っています。まさに一人相撲・・・


一人で相撲を取って勝手に体力を消耗するという不毛の連続です。

そうならないためにも、あるがままの現実を見る、ということが大事なのではないかと思いました。


色々な環境で育ち、その過程で沢山の黒パターンを私は作ってきましたが、ただ現実を見るということがどれほど楽で清々しく、心の健康にとって良いのかを最近実感しています。


目の前の現実も、自分自身も受け入れつつ、風のように、流れる水のように、あるがままでいい。

それが一番軽いのかも。


最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page