• 渡邊 優

黒パターンで物事を見ている時、強い決めつけで見ているときがあります。

普通はこうでしょう、こうあるべき、などなど、でもそれって、自分の世界だけの見方で、現実はそうではなく、ただそうあるだけ。


こうあるべきとか、普通はこうでしょうなどの、ただ目の前にある現実を受け入れずに、自分の決めつけで現実に逆らうと、心に苦しさが残ります。目の前の現実に争うのって、とてもエネルギーを使うからです。川の流れに逆らって漕ぐような感じです。


たとえば私の持つ、負けたくない、舐められたくない、などのパターンで世界を見たとき、色々な人がライバルや敵に変身してしまいます。世の中の人々が自分に競ってくる、マウントをしてくると、パターンは思っているんです。そして、自分の中でず〜っと戦っています。まさに一人相撲・・・


一人で相撲を取って勝手に体力を消耗するという不毛の連続です。

そうならないためにも、あるがままの現実を見る、ということが大事なのではないかと思いました。


色々な環境で育ち、その過程で沢山の黒パターンを私は作ってきましたが、ただ現実を見るということがどれほど楽で清々しく、心の健康にとって良いのかを最近実感しています。


目の前の現実も、自分自身も受け入れつつ、風のように、流れる水のように、あるがままでいい。

それが一番軽いのかも。


最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。