• 渡邊 優

現実を知るって、とても大事なことだと思います。

何か新たなことを始めたり、何かに挑戦しはじめの頃、夢中になってそれをします。

出来る様に、そうなれるように、ガムシャラに練習や鍛錬を繰り返し頑張ります。

そして、出来るようになったと思えた時、少し、自信が芽生えます。

そして少しの自信と、自分への期待を持ちながら外へ飛び出し、初めて現実と直面します。

「こんな筈じゃなかった、もっと出来てる筈だと思った」と、自分にガッカリしたり、自分はダメだとレッテルを貼ります。(ダメだと思っているのはパターンで、本当はただ未熟なだけ。)

こうして初めて現実と直面した時、やっと自分のいる場所が分かります。


「現実を知る」そして、「未熟な自分を受け入れる」


これが出来ないと、いつまで経っても苦しいままだと思いました。

自分を受け入れられないのって苦しいです。

それはそう、未熟な自分を許せていないのだから。


そうして現実は厳しいと言って去っていくのも、未熟な自分を受け入れ、抗わずにまた歩いて行くのも、全ては自分次第だと思いました。


そして実際は、目の前の現実が厳しいのではなく、受け入れられない未熟な自分への期待、パターンの現実が、そう見えさせているのだと思いました。





最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう