• 渡邊 優

現実を知るって、とても大事なことだと思います。

何か新たなことを始めたり、何かに挑戦しはじめの頃、夢中になってそれをします。

出来る様に、そうなれるように、ガムシャラに練習や鍛錬を繰り返し頑張ります。

そして、出来るようになったと思えた時、少し、自信が芽生えます。

そして少しの自信と、自分への期待を持ちながら外へ飛び出し、初めて現実と直面します。

「こんな筈じゃなかった、もっと出来てる筈だと思った」と、自分にガッカリしたり、自分はダメだとレッテルを貼ります。(ダメだと思っているのはパターンで、本当はただ未熟なだけ。)

こうして初めて現実と直面した時、やっと自分のいる場所が分かります。


「現実を知る」そして、「未熟な自分を受け入れる」


これが出来ないと、いつまで経っても苦しいままだと思いました。

自分を受け入れられないのって苦しいです。

それはそう、未熟な自分を許せていないのだから。


そうして現実は厳しいと言って去っていくのも、未熟な自分を受け入れ、抗わずにまた歩いて行くのも、全ては自分次第だと思いました。


そして実際は、目の前の現実が厳しいのではなく、受け入れられない未熟な自分への期待、パターンの現実が、そう見えさせているのだと思いました。





最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価