• 渡邊 優

現実を知るって、とても大事なことだと思います。

何か新たなことを始めたり、何かに挑戦しはじめの頃、夢中になってそれをします。

出来る様に、そうなれるように、ガムシャラに練習や鍛錬を繰り返し頑張ります。

そして、出来るようになったと思えた時、少し、自信が芽生えます。

そして少しの自信と、自分への期待を持ちながら外へ飛び出し、初めて現実と直面します。

「こんな筈じゃなかった、もっと出来てる筈だと思った」と、自分にガッカリしたり、自分はダメだとレッテルを貼ります。(ダメだと思っているのはパターンで、本当はただ未熟なだけ。)

こうして初めて現実と直面した時、やっと自分のいる場所が分かります。


「現実を知る」そして、「未熟な自分を受け入れる」


これが出来ないと、いつまで経っても苦しいままだと思いました。

自分を受け入れられないのって苦しいです。

それはそう、未熟な自分を許せていないのだから。


そうして現実は厳しいと言って去っていくのも、未熟な自分を受け入れ、抗わずにまた歩いて行くのも、全ては自分次第だと思いました。


そして実際は、目の前の現実が厳しいのではなく、受け入れられない未熟な自分への期待、パターンの現実が、そう見えさせているのだと思いました。





最新記事

すべて表示

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com