top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

現実の自分というところをちゃんと見ていこうと思います。

それはパターンを含めた今までの自分のあり方、考え、行動、そういった自分です。

具体的には、弱さあり、プライドもあり、こだわりありと、様々な囚われがある中で、それら一つ一つをただあるものとしてどう捉えていくのか。

パターンを自由にさせない生き方というのは、まずは自分を知ること(自分のパターンを知ること)から始まり、それとどう向き合い、対処し、選択していくのかだと思います。


その一連の中での最初の最初、現実の自分を知るというところ。

ここが出発点になるので、自分を見るという行為がどれだけ大事かが伺えます。


しかしほとんどの人が自分を見ることが苦手です。私もそうですが、そこには自分へのジャッジが含まれているのだと思いました。見たくない自分、見てもいい自分。その違いはきっと、自分に対する良いところ、悪いところで判断しているのだと思います。


その判断をなくし、ただあるものとして捉えたとき、私の場合、肩の力が抜ける思いがしました。

もうパターンで頑張らなくていいと・・・

それほど黒パターンの、自分に対する(こうあるべき、こうあってはならない)の思いが強かったのだと思います。


現実の自分というのは、ごくごく普通の、平凡な自分です。

もしかしたらパターンは、そんな平凡な自分を嫌がるかもしれません。素晴らしい特別な人間になりたいと・・そのパターンもあるものとして捉え、ケアしていく。そうやって自分の一つ一つをちゃんと現実のものとして見ていくことが、そのままの自分でいいと思える土台になるのだと思いました。


現実のそのままのパターンがあっていいと。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page