top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

現実の自分を知っていくことは、私のようにプライドが高くて、自分は特別だと思っている者にとってはとても大切なことだと思っています。

パターンからしたら現実の自分を知った時には、「思い知らされた!」と思いショックですが、それはまるで目が覚めるかのように、現実の自分を正しく知る、という新たな目線となります。その新たな目線がなんとも言えない明瞭感があり、最近は気に入っています。


しかしパターンから見た自分というのはかなり甘々で、しかも自信家で、さらに自惚れ屋さんなのです。きっと、現実の自分ではダメだとパターンは思い込んでいるので、プライドという鎧で自分を守り、いつしか自分を特別に仕立て上げてきたのでしょう。そうやってパターンに守られてきたのだと思います。


だからこそこれからは現実の自分をちゃんと知り、その現実の自分をどう生かしていくか。ある意味厄介ではあるけど、それができるのも自分だけなのだな。そのように思います。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page