top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を見ていると、なぜこの学びをしているのかが最近分かってきました。

それまで私は、この魂の学びのことをどこか崇高で、高尚な学びをしている特別感を感じていました。

そしてこの学びをしている自分は高尚なことをしているミームの高い人間だとすら思っていたのです。

自分の中のジャッジで、これは高尚でこれは低俗と差別をしていました。しかし現実をよく考えてみると、この学びをするのは自分が未熟だったから他なりません。利己的で、自分勝手で、保身的で、エゴが強く、そのくせに弱いからです。


あらゆるワークを使ってまずは人並みになっていく、それは全て自分のためにやっていることです。

特別でも何でもなく、正常な進化成長をするために必要なことだったと思います。

これは私にとって、ちゃんと生きるためのツールだったのです。


自分の中の良い悪いのパターンで判断していると現実を見失います。

自分の見ている世界が偏るんですね。ありのままの自分や物事を見るためにも、差別という偏見からはまずは降りていこうと思います。


最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page