• 渡邊 優

ここ湘南では、学校が休みに入ってから子供たちが活気付いています。

世間で騒がれているコロ助なんてなんのその!朝からサッカーに興じる子供達。

海に行けばキッズサーファーたちが元気に波を追いかけて、夢中になって遊んでいます。

お陰で海も公園も、普段より随分混んでいる湘南です。


話に聞くところでは、新橋やサラリーマンが行くところは人がいないとか。

そことは真逆の現象が、ここでは起こっているようです。学校が休みとなり、サラリーマンも時差通勤となり、朝一から海に入ってみんなそれぞれ楽しんでいます。

その顔が本当に楽しそうだこと!

何が幸か不幸かわからないものです。

今回の一件を通して、こういう生き方もアリ。といのを学んでいるのかもしれません。


朝近所を波チェックに行くと、ウォーキングをする人、犬を散歩する人、サッカー、野球に出かける子供達。その誰一人としてマスクをしていないという。本当に今朝は誰一人としてマスクをしていませんでした。


そんなゆるくて、穏やかで、平和なこの湘南(小難)の地に、今日も感謝です。





最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。