• 渡邊 優

今朝はグッスリと8時間睡眠をしました。

普段5〜6時間睡眠の私にとってはびっくりするほどのスッキリ感がありました。

そして朝からワークをやり、更にスッキリ感が増して気持ちのいい朝を迎えることができたのです。


この朝に関してはワークをする度に思うことがあって、前日の夜、もしくは朝一でワークをすると、まるで先日とは別人のような感覚があり「生まれ変わった」感があります。以前では想像できなかった体験です。私はこの感覚が大好きで、今はこの感覚の虜になっています。


この学びをしていると、自分の成長がハッキリと分かる時があります。ミームが上がるということなんでしょうが、それと同時に「この学びをしている自分は特別だ」という黒パターンもムクムクと育ってきます。それは自分は分かっている、知っている、体験している、確かにそれはあるかもしれませんが、それは私のものであって、他の人がそれに当たるとは限らないのだと思いました。


その人にはその人の学びと体験があり、私には私の学びと体験がある。


昔読んだ本で、幼稚園児が小学生より劣っているというわけではない。というようなことが書いてありました。最近、その意味が少し分かってきたように思います。ただ先を歩いているだけなのだな〜と。


今朝はそんなことを考える清々しい朝でした。


お祈りと共に、今日も新たな朝をありがとうございます。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が