top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今朝はグッスリと8時間睡眠をしました。

普段5〜6時間睡眠の私にとってはびっくりするほどのスッキリ感がありました。

そして朝からワークをやり、更にスッキリ感が増して気持ちのいい朝を迎えることができたのです。


この朝に関してはワークをする度に思うことがあって、前日の夜、もしくは朝一でワークをすると、まるで先日とは別人のような感覚があり「生まれ変わった」感があります。以前では想像できなかった体験です。私はこの感覚が大好きで、今はこの感覚の虜になっています。


この学びをしていると、自分の成長がハッキリと分かる時があります。ミームが上がるということなんでしょうが、それと同時に「この学びをしている自分は特別だ」という黒パターンもムクムクと育ってきます。それは自分は分かっている、知っている、体験している、確かにそれはあるかもしれませんが、それは私のものであって、他の人がそれに当たるとは限らないのだと思いました。


その人にはその人の学びと体験があり、私には私の学びと体験がある。


昔読んだ本で、幼稚園児が小学生より劣っているというわけではない。というようなことが書いてありました。最近、その意味が少し分かってきたように思います。ただ先を歩いているだけなのだな〜と。


今朝はそんなことを考える清々しい朝でした。


お祈りと共に、今日も新たな朝をありがとうございます。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page