top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人の問題と自分の問題を混同しない。

他人が怒ったとき、私が何か余計なことを言ってしまったのか?私が怒らすようなことをしたのか?などと以前は思っていました。でもこれは、自分の問題と他人の問題を混同しているのだと思います。


相手には相手のパターンに何か引っかかって、怒りや苛立ちという感情が湧いています。

そして私は私で、怒らせてはいけない、嫌われたくない、などのパターンに引っかかって不安になり、気にしているのです。ただそれだけ。これを混同するから、ややこしくなる。


あの人がああ言ったから、あの人がこんな態度をとったからと、自分の問題が見えないどころか、取り留めのない思考が続いていつまでもスッキリしません。たとえ相手が悪いと帰結したとしても、同じ問題に遭遇した際、また同じようにあの人が悪いとパターンは騒ぎ立てます。内心は決して穏やかではありません。


混同して思考の中で戦う、なんてことはよくあることで、その思考を自由にさせず、自分自身に向き変えさせる努力が必要なのだと思いました。


他人の問題と自分の問題を混同せずに、自分のことだけににちゃんと向き合う。

それこそが最も大事なこと。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page