top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

なんでもいいのですが、黒パターンは兎角物事を深刻に捉えます。

このコロナ禍においては特にそのように思いました。こうだと決めつけ、自分を深刻にしてしまうのです。そこには重さ、苦しさ、辛さ、不安、恐れ、疑い、あらゆる感情が自分を襲い、その感情こそが真実だと決めつけていたのです。


しかし、現実はそこまで酷くなく、結構平和で穏やかで、右往左往していたのは自分だけ、パターンだったということがありました。


私のパターンの特徴として、このように、なんでも深刻にしてしまうというのがあります。

それに最近気づいて自分を見るときに気をつけるようにしています。そしてそんな時思い出すのが、沖縄の方達の「なんくるないさ〜」です。あの独特の言い回しの、本当に何とかなっちゃうんじゃないのか!?の軽やかで適当な感じ。そう、この適当さいいのです。


私は適当なことはダメだと思っていました。それは、自分で何とかするものだ。という決めつけでもあります。それこそパターンですね。


なんくるないさ〜

深刻にしなくていい

適当があってもいい


大丈夫、何とかできるし何とかなる。


そんな風に軽く捉えることもできるのですね。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page