top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

連日、沢尻エリカの薬物報道がなされています。

10年ほど前から常習していたようです。

恐らく、不安、恐れ、プレッシャー、誘惑、快楽、あらゆる彼女の弱さが、薬を頼ってしまったんだと思います。

その弱さが原因で今回の事件に発展しました。

痛い目をみないと分からないとはこの事です。


人は何回でもやり直しができます。が、これだけの事件に発展した以上、復活するのには相当の強さ、正しさ、エネルギーが必要になります。きっと今まで以上の相当の努力が必要とされます。

これを期に、しっかりと自分と向き合って、本当の強さを身につけてもらいたいものです。

そして、もう二度と同じ過ちを犯さない、そう自分に誓い、反省して、真っ直ぐに生きてもらいたい。

きっとファンはそう思っていると思います。(実は私も彼女の演技は好きでした。特に1リットルの涙は感動もの)


人生には時に大きな挫折が伴います。

その時は強く悲観し、絶望に明け暮れる日々を過ごしますが、時がたち、振り返ってみた時に、その時が大きな転機だったと思える日が必ずきます。

誰にでも訪れる失敗や挫折、起き上がってまた前をみて、腐ることなく、新たな出発を試みてもらいたいと、陰ながら応援しています。



最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page