• 渡邊 優

春が訪れて初夏の頃、ここ湘南の江ノ島ではアオリイカが釣れるようになります。

そんなアオリイカを求め、昨晩江ノ島へと出撃しました。


まだ西の空がすこーしだけ明るい時に、江ノ島の神様に夜のお祈りを捧げていました。

その時にグンッ!とイカが竿を引っ張る気配を感じ「あっ、お祈り中にきちゃったよ」とタイミング悪いな〜と思いながら、今年初のアオリイカをゲットしました。


釣りをしていていつも思うのは、自然て凄いな〜、海は広いな〜、地球って綺麗だな〜、もう感謝しかないや!自然とそんな風に思えてしまうのです。


そんな江ノ島で釣りをしていると自分がちっぽけに思います。

小さなことでクヨクヨしたり、思い通りにならない自分に嫌気がさしたり、そんな自分を裁いてみたりと、パターンうごめく自分に対して、そんな小さなことはどうでもいいと、江ノ島の神様に丸っと飲み込まれている感じがしてくるのです。


神様あっての自分、自然あっての自分を再確認する場所と時間、そして神様の懐の広さを感じれる時でもありました。


今日も感謝です。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側