top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。

以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。


そして改めて考えると、私はまた違った自由が欲しいのだと思います。

それはパターンが望む自由ではなく、また誰かが決めた哲学やルールでもない、何物にも囚われない自由です。自分で考え決めていいという自由です。そんな自由が、私は欲しいのだと思います。


残念ながらパターンは今まで生きてきた体験や刷り込みで反射的に反応してしまうので、自分で考えて決めることを知りません。パターンに支配された生き方ではなく、私で決めていい自由。

創造性や行動、勇気、私の資質を使いながら自由に生きていくことをやってみたい。


きっとそこに、本当の自由があるのだと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentarios


bottom of page