• 渡邊 優

正義の教室という、哲学入門の本を読みました。

哲学というとなんだかものすごく敷居が高く、難しい印象がありますが、高校生と教師の対話形式でストーリーが進む内容は、まるで漫画を読んでいるように非常にわかり易く、優しい内容となっており面白かったです。


その中で非常に興味深い実験がありましたのでご紹介します。

無知のヴェールという思考実験。

真っ黒な頭巾を被り、自分が何者かという条件を全て無くし、質問に答えるという実験です。

条件をなくすとは、名前も、人種も、年齢も、性別も、宗教も、自分に関するあらゆることがわからない状態です。記憶喪失です。

キリスト教徒かもしれないし、イスラム教徒かもしれましせんし、仏教徒かもしれません。白人かもしれませんし、黒人かもしれませんし、黄色人種かもしれません。異性愛者かもしれませんし、同性愛さかもしれませんし、両性愛者かもしれません。このようなに自分の情報がわからいない時、私たちは何か特定のものを優遇するような支持をするでしょうか?

例えば白人は優遇するけど黄色人種は優遇しない、男性は優遇するけど女性は優遇しないといったようなことです。


そして、こんな言葉から実験は始まります。

「あなたの人生は、今、終わりました」

「世界の全ては消え去りました」

「あなたはまだ、かつての記憶が思い浮かべられるかもしれません。が、それらはみな過去のもの。もはや意味はありません」

「なぜなら、もうその人生は終わったからです」

「記憶とは、ただの過去、ただの記憶、ただのデータです。そんなものより、未来に目を向けましょう。新しい設定のゲームを、人生を始めるのです」

「しかし、人生がどんな状態で始まるのか、それは始めてみるまでわかりません」

「あなたは女かもしれませんし、男かもしれません」

「黄色人種かもしれませんし、黒人かもしれません」

「同性愛者かもしれませんし、両性愛者かもしれません」

といった具合に、沢山のかもしれないから始まります。

そして質問に答えていくのですが、興味深いのはその答えです。

自分が何者かわからない、何者でもないとき、人の選択とは全て『善』を基本に決められていきます。

例えば、男性上位の政策や、白人至上主義の政策などは一切選ばず、男性であろうと、女性であろうと、黒人であろうと、白人であろうと、全ての子供や老人、全ての隣人、動物に、慈悲や優しさや愛の手が差し伸べられ、人種、年齢、性別を超えて、全員が同じ答えにたどり着くのです。

それはまるで、本当の「私」の資質である、優しさ、強さ、慈悲、理解、健康、創造、等々。

それらの資質から生まれる決断のようにも思いました。


もしかしたら人というものは、パターンや条件を外した先に、その人の本質が、善の本質が出てくるのかもしれません。

良かったら是非読んでみて下さい。


長文、最後まで読んで頂きありがとうございます。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、