• 渡邊 優

自分に正直になる。これは自分を見ていくにはとても大切な要素だと思います。

かくいう私も、以前はとても苦手なことでした。


自分の中にある様々な感情、嫉妬心や、虚栄心、妬み、僻み、憎しみ、怒り、腹立たしさ、悲しみ、寂しさ、傷つくこと、弱さ、孤独感、そういったものをダメなもの、いけないものと捉えていたので、どうしても自分にはそれがあると認められなかったのです。

「臭いものには蓋をしろ」的なニュアンスですね。

ですからそういった感情が出てきても当然対処はできず、自分は大丈夫ですよ、そんな風に思ってないですよ、感じてないですよ、と、そのように振る舞ってきました。

それと同時に、そのような感情が自分にあると知られたら、他人に嫌われる、引かれる、見下されると思っていたので、尚のこと認められなかったのです。

ですから、全く自分に正直になれなかったのです。


しかし、それらのネガティブなものはあっていいものと教えられ、そう捉えると、何よりも自分が楽になりました。自分に正直になるということが、ダメなことではなく、自分を救うということだったのです。(何も感情的になっていいということではなく、その感情があってもいいと許すことです)

言い方を変えると、自分に嘘をつかない、ということかな。


正直になる、ということは、より何かの純度が上がっていく気がします。


最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、