• 渡邊 優

今年最後の魂の道場の合宿が先週終わりました。

一年を締めくくるにふさわしい良い学びができたと思います。

ここからまたノートを見直し、思い返して、実践しながら自分の血肉にしていきたいと思います。


道場仲間のMさんから、著 尹雄大「脇道にそれる 正しさを手放すということ」をお借りして読みました。その中の一節に面白い言葉がありました。

「安心してサボれる職場作り」「勝手に治すな自分の病気」

ユーモア溢れる面白い文句なのですが、どこかほっこりした安心感があります。


普通に考えたら、病気は早く治ってもらいたいし、職場はサボる場所ではないと思われがちです。

しかし、この本のタイトルにもある様に、「正しさを手放す」ということは、大切なことかもしれません。なぜならば、自分の正しさに執着すると重さや硬さが生まれて自分を制限してしまいます。尚且つ他人の間違いを許せませんし、当然自分の間違いも許しません。

間違った自分を責め続けて忌み嫌います。辛いですね・・・


また自分の正しさから降りてみると、そこには心の自由や解放が生まれます。

それは身も心も軽くて挑戦し易い、やってダメならまいっか!と思わせる、受け入れやすく、軽くて強さのある心です。


そんな軽くて強さのある心を、私は作っていきたい。



最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう