top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

毎週のバレエレッスン、楽しくやらせてもらっています。

私のバレエの先生は、自身の講演が近くになると、代行の先生が代わりに来て教えてくれます。

その時は内容も全く変わり、見ている視点、教える視点が変わるのが新鮮です。

しかし、変わらないことが二つあります。


一つ目が「基礎」というもの。

この基礎(バーレッスン)だけは、どの先生もスキップすることなく必ず丁寧にやり、しかも一番重視します。それほど、バレエにとっての基礎の重要さや、次への応用には欠かせないことがよく伝わります。

そしてもう一つが、人に対しての接し方、これも同じに感じます。それは、隠す、誤魔化す、言い訳する。この三要素の内一つでも出すと、先生はバッチバチに怒りますし、厳しくなります。


技術に対しては基礎、人に対しては姿勢。

きっとこの二つは、仕事であろうと、スポーツであろうと、趣味であろうと、どんなことでも、人が成長すということには欠かせないことなのだと思いました。

そして基礎も姿勢も他人ではなく全部自分。

自分の在り方、ということだけにフォーカスするのです。


バレエレッスンというバレエだけではなく、色々な正しさを学んでいる。

そんな気がしました。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page