top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

どうも自分は、権力があるとか、力があるとか、皆んなが認めているとか、そういった強さに弱い傾向があります。それは、そういう方に嫌われないように、波風を立てず、自分が権力をふるわれて傷つかないよう、またあわよくばその権力にあやかれるよう、顔色を伺いながら生きている、そんな感覚です。


そこでのパターンは、「嫌われたくない」とか、「自分には力がない」とか、「自分は一人では生きていけない」など、この辺りのパターンが連動して顔色を伺っているのがわかります。

これはこれで、不安や恐れを抱いているので落ち着かないし、地に足がついていない状態です。


今白黒ワークで選んでいる白は、一人でも生きて行かれる自分になろうです。

これを選んでいると、心ここに在らずだった状態から自分に帰ってこれて、落ち着きが戻ります。

きっと、この感覚が正しい在り方なんだと思いました。


パターンからしたら、権力があることは凄いことで、そんな権力には逆らえないし、自分も権力が欲しい、そう思っているのだと思います。


しかし、そんな権力というものを改めて中立ワークで考えてみても・・


+ 他を助けるため、他を導くため、救うためと、権力とは自分ではなく、他のために使う力なのだと思いました。


またマイナスの要素としては、

ー マウント、利己的、自己中心的、自己満足、他人を利用する、優越感など、自分が気持ちよくなるための力なのがわかります。


ここのマイナスの要素は使わず、まずは一人でも生きていける自分になろう。

これを徹底して自分に染み込ませていきたい。まずはそう、自立から。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page