• 渡邊 優

どうも自分は、権力があるとか、力があるとか、皆んなが認めているとか、そういった強さに弱い傾向があります。それは、そういう方に嫌われないように、波風を立てず、自分が権力をふるわれて傷つかないよう、またあわよくばその権力にあやかれるよう、顔色を伺いながら生きている、そんな感覚です。


そこでのパターンは、「嫌われたくない」とか、「自分には力がない」とか、「自分は一人では生きていけない」など、この辺りのパターンが連動して顔色を伺っているのがわかります。

これはこれで、不安や恐れを抱いているので落ち着かないし、地に足がついていない状態です。


今白黒ワークで選んでいる白は、一人でも生きて行かれる自分になろうです。

これを選んでいると、心ここに在らずだった状態から自分に帰ってこれて、落ち着きが戻ります。

きっと、この感覚が正しい在り方なんだと思いました。


パターンからしたら、権力があることは凄いことで、そんな権力には逆らえないし、自分も権力が欲しい、そう思っているのだと思います。


しかし、そんな権力というものを改めて中立ワークで考えてみても・・


+ 他を助けるため、他を導くため、救うためと、権力とは自分ではなく、他のために使う力なのだと思いました。


またマイナスの要素としては、

ー マウント、利己的、自己中心的、自己満足、他人を利用する、優越感など、自分が気持ちよくなるための力なのがわかります。


ここのマイナスの要素は使わず、まずは一人でも生きていける自分になろう。

これを徹底して自分に染み込ませていきたい。まずはそう、自立から。


最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ