• 渡邊 優

昨日のセミナーでは様々な見方というものを学びました。

人によって、それぞれにものの見方や意味づけがあり、それぞれの現実があるというものです。


パターンのメガネで物事を見た場合、目線は通り一辺倒の見方で囚われた状態となります。

そうすると自分の見方こそが正しく、他の意見が間違ったものと見えたりします。


これは私の意見ですが、そうすることにより差別や排除が生まれ、同調圧力に繋がりやすくなるのかもと思いました。


今回のコロナウイルスからは本当に沢山のことを学ばせてもらっています。

自身のパターンも炙り出され、てんてこ舞いの時もありますが、そんな炙り出される今だからこそ、チャンスでもあり、どっしりと腰を据えて向き合える時期とも言えます。


ゆっくり、しっかり、じっくりと歩んでいこうと思います。



最新記事

すべて表示

テレビ

テレビが壊れました。 8年目の出来事です。。。最近の家電は寿命が短いのか壊れるのが早いようにも思います。 そして新たなテレビを買うか直すか、買う、直す、の部屋に入り、直すことに決めました。 この決め方いいです!後悔や迷いが生まれず、そのまま受け止めることがすんなりできます。 きっとあれこれ考えて決める方が、あっ、こっちの方が良かったかも、いやもうちょっと考えた方がいいかもと決めかねていたと思います

ゴールデンタイム

先日久しぶりに会った友人と久しぶりに一緒にサーフィンをしようという運びとなり、朝の5時半に海の中で約束しました。 そして当日、朝5時半にパドルアウトし、5時27分には波待ちをしていました。しかしそこは流石の5時半、暗い・・・遠くの方に薄〜〜く太陽の明かりが常用薄明かりとして見える以外は暗いのです。薄っすらと見える波を頼りに波乗りをするのですが、それも感覚だけが頼りで、視覚には頼れない状態でした。そ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com