top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日のセミナーでは様々な見方というものを学びました。

人によって、それぞれにものの見方や意味づけがあり、それぞれの現実があるというものです。


パターンのメガネで物事を見た場合、目線は通り一辺倒の見方で囚われた状態となります。

そうすると自分の見方こそが正しく、他の意見が間違ったものと見えたりします。


これは私の意見ですが、そうすることにより差別や排除が生まれ、同調圧力に繋がりやすくなるのかもと思いました。


今回のコロナウイルスからは本当に沢山のことを学ばせてもらっています。

自身のパターンも炙り出され、てんてこ舞いの時もありますが、そんな炙り出される今だからこそ、チャンスでもあり、どっしりと腰を据えて向き合える時期とも言えます。


ゆっくり、しっかり、じっくりと歩んでいこうと思います。



最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page