top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

出雲大社近くの川沿いの立派な桜並木に立ち寄りました。

川沿いの桜道を歩きながら今この状況において、私は何が怖いのかを見ていました。

私は正直、コロナウイルスの後が怖いです。コロナウイルスは近いうちに収束して、今まで通り普通に出歩けるようになると思っています。私が怖いのは、アフターコロナ。


これから2〜3年で始まる未曾有の世界恐慌と不景気、治安悪化、恐慌とセットで始まる戦争が怖いと思っています。


これは私のパターンなので今ケアをしていますが、実際のパターンは何が怖いかというと、恐慌で治安が悪くなり、戦争に巻き込まれて自分に降りかかってくるのが怖いとパターンは思っています。


パターンの流れって大体そうで、今始まっている買いだめや咳をした時の異常な反応も、多分それらの自分に降りかかってくる恐れから生まれてきているのだと思います。


この私の恐怖や不安は自分の課題だとしっかり受け止めて、パターンをケアし、どんな現実もちゃんと受け止めて、正しい判断や行動ができるように自分をしていきたいと思います。


そういった意味では、すごい時代を選んで生まれてきたもんだな、オレ!




最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Kommentarer


bottom of page