• 渡邊 優

出雲大社近くの川沿いの立派な桜並木に立ち寄りました。

川沿いの桜道を歩きながら今この状況において、私は何が怖いのかを見ていました。

私は正直、コロナウイルスの後が怖いです。コロナウイルスは近いうちに収束して、今まで通り普通に出歩けるようになると思っています。私が怖いのは、アフターコロナ。


これから2〜3年で始まる未曾有の世界恐慌と不景気、治安悪化、恐慌とセットで始まる戦争が怖いと思っています。


これは私のパターンなので今ケアをしていますが、実際のパターンは何が怖いかというと、恐慌で治安が悪くなり、戦争に巻き込まれて自分に降りかかってくるのが怖いとパターンは思っています。


パターンの流れって大体そうで、今始まっている買いだめや咳をした時の異常な反応も、多分それらの自分に降りかかってくる恐れから生まれてきているのだと思います。


この私の恐怖や不安は自分の課題だとしっかり受け止めて、パターンをケアし、どんな現実もちゃんと受け止めて、正しい判断や行動ができるように自分をしていきたいと思います。


そういった意味では、すごい時代を選んで生まれてきたもんだな、オレ!




最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると