• 渡邊 優

今年最後の茅ヶ崎グループセミナーも無事に終わり、最後にふさわしく、実りの多い学びとなりました。

その中でもひときわ印象に残ったのが「私はそう思っていない」ということ。

これは黒パターンの言うところの、自分はダメだとか、自分は劣っているとか、負けたくないや、認められたい、大切ににされたいや、早く楽になりたいなど、あらゆる黒パターンに対して「私はそう思っていない」という本当の「私」という観察者であり選択者の本心の言葉でした。


ではなぜそう思えるのか。それはあらゆる自分に対しての自己否定の全てを背負い立って歩いて行ける。だからこそ「あなたがそう思っているのならそのままでいい、私はそう思っていないけど、そのままのあなたを「私」は受け入れ、共に歩いていく」そんな強い意志が本当の「私」にはあるのだと思いました。


非常に心強くもあり、愛情溢れる存在が私の中にも、誰の中にもあって、それと共に歩いていけることに喜びを感じました。

心強い味方が自分の中にあったことに、驚きと同時に感謝を感じています。




最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で