• 渡邊 優

本当のことを、ズバッと言われると、ドキッとします。そして凹みます。

なぜならそれは、図星だから・・・

見たくない自分や、隠したい自分を見抜かれ、バレた!と思い、ドキッとするのです。


時にそれは自分でも気づいていないパターンであったり、目を覆いたくなるような自分だったりします。だからそんな本当の事を言われたとき、ドキッとして、恥ずかしくもあり、情けなくもあり、惨めにもなります。正直、自分と向き合うのはその連続でもあります。


と、ここまでは自分側で起こっている内側のお話。

ここからは、ズバッと言う側の視点を考えてみました。


本当のことを言う、ということは、気づいてもらいたいから、成長してもらいたいから、理解しているから、責任があるから、だと思います。そこには、大きな愛があるのかもしれないと思いました。

なぜなら、嫌われたくないとか、波風を立てたくないなどの自分の保身はいいとして、あえて言うのですから。


そして本当のことを言われた方は、成長します。

時間がかかっても、頭のどこかにその言葉が残っていて、いずれ気づいて成長します。

これが、本当のことを言うことの効果だと思いました。


そう考えると人の成長とは、すぐに答えが出ない、出せないことの方が多いようにも思います。

本当のことをちゃんということ。本当のこととちゃんと向き合うこと。

それがとても大事だと思いました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で