• 渡邊 優

今日は、私のプライドや見栄のパターンについて考察してみたいと思います。

私は社長という立場を若くして経験してきたので、プライドや見栄のパターンが強いものだと思います。そしてそれゆえに随分と散財もしました。


それは実際の現実以上の自分を演出し、かっこよく見せようとしたり、お金を使ってでも自分を大きく見せて、すごいと思われようとしたり、人望を求めたりしたんだ。

でも、本当に、一番欲しかったのは、

「自信」だったんだ。

自信さえあれば安心できる。

自信さえあればなんだって怖くない。

自信さえあれば楽勝で生きて行けるって。

だから、とにかく自信が欲しかった。


必死に自信を求めて社長になったり、カウンセラーになったり、何かになることで、自信を得られる、そう信じていたんだ。

何かになってみたけど、何か違う、何にもちっとも自信がつかない。

プライドや見栄ばかりが身につき、内心では不安とプレッシャーでこんなはずじゃないと思ってた。

社長になってお金持ちになったら、揺るぎない自信が得られると思ってたよ。


自分がただ、自信を求めていたのが分かったとき、それはそれは楽になれた。

大きな肩の荷が下りた気がした。


そして今そのプライドと見栄という鎧を、二度手間をかけてまた脱いでいるんだけど(笑

その自信を必死に求めてた時期は、それはそれで良かったと思う。

なぜなら、今なら、自信がなくて苦しんでる人の気持ちが痛いほど分かるから。

それが分かればあとはやるだけ、牛歩の如くただやるだけだ。


もう自信を求めなくてもいい。

今日もこの白を選んでいこう。






最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で