• 渡邊 優

今日は、私のプライドや見栄のパターンについて考察してみたいと思います。

私は社長という立場を若くして経験してきたので、プライドや見栄のパターンが強いものだと思います。そしてそれゆえに随分と散財もしました。


それは実際の現実以上の自分を演出し、かっこよく見せようとしたり、お金を使ってでも自分を大きく見せて、すごいと思われようとしたり、人望を求めたりしたんだ。

でも、本当に、一番欲しかったのは、

「自信」だったんだ。

自信さえあれば安心できる。

自信さえあればなんだって怖くない。

自信さえあれば楽勝で生きて行けるって。

だから、とにかく自信が欲しかった。


必死に自信を求めて社長になったり、カウンセラーになったり、何かになることで、自信を得られる、そう信じていたんだ。

何かになってみたけど、何か違う、何にもちっとも自信がつかない。

プライドや見栄ばかりが身につき、内心では不安とプレッシャーでこんなはずじゃないと思ってた。

社長になってお金持ちになったら、揺るぎない自信が得られると思ってたよ。


自分がただ、自信を求めていたのが分かったとき、それはそれは楽になれた。

大きな肩の荷が下りた気がした。


そして今そのプライドと見栄という鎧を、二度手間をかけてまた脱いでいるんだけど(笑

その自信を必死に求めてた時期は、それはそれで良かったと思う。

なぜなら、今なら、自信がなくて苦しんでる人の気持ちが痛いほど分かるから。

それが分かればあとはやるだけ、牛歩の如くただやるだけだ。


もう自信を求めなくてもいい。

今日もこの白を選んでいこう。






最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、