• 渡邊 優

今日は、私のプライドや見栄のパターンについて考察してみたいと思います。

私は社長という立場を若くして経験してきたので、プライドや見栄のパターンが強いものだと思います。そしてそれゆえに随分と散財もしました。


それは実際の現実以上の自分を演出し、かっこよく見せようとしたり、お金を使ってでも自分を大きく見せて、すごいと思われようとしたり、人望を求めたりしたんだ。

でも、本当に、一番欲しかったのは、

「自信」だったんだ。

自信さえあれば安心できる。

自信さえあればなんだって怖くない。

自信さえあれば楽勝で生きて行けるって。

だから、とにかく自信が欲しかった。


必死に自信を求めて社長になったり、カウンセラーになったり、何かになることで、自信を得られる、そう信じていたんだ。

何かになってみたけど、何か違う、何にもちっとも自信がつかない。

プライドや見栄ばかりが身につき、内心では不安とプレッシャーでこんなはずじゃないと思ってた。

社長になってお金持ちになったら、揺るぎない自信が得られると思ってたよ。


自分がただ、自信を求めていたのが分かったとき、それはそれは楽になれた。

大きな肩の荷が下りた気がした。


そして今そのプライドと見栄という鎧を、二度手間をかけてまた脱いでいるんだけど(笑

その自信を必死に求めてた時期は、それはそれで良かったと思う。

なぜなら、今なら、自信がなくて苦しんでる人の気持ちが痛いほど分かるから。

それが分かればあとはやるだけ、牛歩の如くただやるだけだ。


もう自信を求めなくてもいい。

今日もこの白を選んでいこう。






最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ