top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

未来を拓く君たちへ 田坂広志著

最近この著者の本にハマっています。

そしてこの著者が何度も伝えている言葉が、志を持て、ということです。

人間成長という志。世のため、他のために自分を使う、使命を持って生きるという志。

その志を持って生きると、人間関係も違うものに見えてくる。


よい人間関係とは、お互いが成長できる関係であるということ。寂しい人間関係とは、お互いが成長しない関係ということ。ではどうしたらよい人間関係が作れるのか。それは、相手に正対すること。真っ直ぐ相手を見て、忖度なしで向き合い、本音を言う、言われる。それは時に関係が悪くなったり、喧嘩する時もある、しかしそれも成長には必要なことだと著者は言います。


波風が立たぬよう、傷つかぬようにと、保身に走るパターンを持つ私からすると、こういった内容がとても胸に刺さるのだと思いました。自分の進むべき道を、この本から学んだ気がします。


志を持って、自他に向き合っていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page