• 渡邊 優

日本の未来に対しての本を色々と読んでいました。

南海トラフ地震、相模トラフ地震、日本の抱えるデフォルトリスク、未知のウイルス、南シナ海紛争、尖閣問題。そんな本を読んで、色々と考えていると、やばい、不安になった・・・

なぜなら、皆んな死ぬかもしれないし、自分も盛大に巻き込まれて大変な思いをするし、人生最大のピンチになると。

確かシントラ声明にも似たようなことが書いてあるのを思い出して、読んでみました。

何が起こるとは書いてないのですが、


己のどこかにうやむやに葬っていた問題の深さに、頭を抱えるだろう。

通らない世界を感じ、一に逆戻りする自分に悲しくなるだろう。

それでも我は、お前たちにそれが直視できるものと信じる。

つぶれぬと信じる。お前たちにはそれができる。

それを己のエゴとして、こだわりとして、恐怖として実感し、受け入れることができるな。

放棄せずに、踏みとどまることができるな。

ならば人間が一生をかけて取り去るものを、この時にできるだけ多く手放してしまうがよい。・・・


厳しい内容ですが、応援されているようにも思います。

そして、未来が不安だという私のパターンですが、これもしっかりとケアして、未来に争うのではなく、現実をちゃんと見て、準備と対処ができる自分になろう。

これを選んでいこうと思いました。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側