• 渡邊 優

最近「許し」をテーマに色々と考えております。

なぜなら、今までの人生で「許す」ということを使ってこなかったと思ったからです。


こうあらねば、こうならなきゃ、こうでなければと自分に言い聞かせ、必死に努力し、そうなれない自分を許しませんでした。


自分だけに限らず、物事に対してもそうです。

こうあるべき、こうあって欲しい、こうなって欲しいと、そうなるように必死に働きかけ、抵抗し、戦ってきました。


他人に対しても同じです。

それは違う、こうあるべきと、自分が満足するように、思い通りにしようとしてきました。


それだけ何かを、誰かを受け入れる=許す、ということをしてこなかったし、出来ませんでした。

戦うこと、勝つこと、認められることが自分の価値の最優先となり、誰かや何かを許すことは負けることだと思っていました。

しかし、許しながら、受け入れながら、諦めながら生きていくことが、ここ最近とても大事なことだと思うようになりました。特に、自分に対してはです。

自分と戦い続けて、物事に争い続けた結果、それは持続不可能だとやっと分かった気がしたからです。

一言で言えば、疲れたんですね。戦い続ける生き方に。


許しとは、負けることでも、下になることでもない、自由になることだと、最近思い始めています。



最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で