• 渡邊 優

毎日毎日暑い日々が続いていますが、それでも変わりない普通の日々を送っています。


美味しい食事ができて、趣味を楽しんで、日課のワークを続け、エアコンの中でコーラを飲みながら本を読む。そんな変わらない普通の日々なんです。

大きな病気もせず、特に問題も発生していない。

そんな何気ない普通の日々。


こんな普通の日々がきっと貴重なことなんだと思う。


思い返せばパターンでいる間は普通の日々に気付くどころか、まだ起こってもいない恐怖や不安を抱えていたと思う。お金、仕事、家庭、人間関係、将来、etc

そんな不安から必死に逃げ回っていたようにも思います。

それはきっと自分自身からだったのだと思う。

自分自身が抱える不安や恐怖から向き合うことに逃げ、ごまかし、何かにすり替えて、悶々としたものを抱えながら(お酒でごまかし、お金に頼り)生きていた。


しかし、やっぱり、自分自身から逃げることはこの宇宙の法則として無理なんだと思う。

逃げれば逃げるほどに自分を突きつけられ、恐怖や不安は増していく。

限界が来るまでに突きつけられ、もう参ったをするまで突きつけられ、それで、やっと、初めて、自分に向き合うことが自分はできたんだと思う。

裏を返せば、そうでもしないと向き合えなかった。自分の問題だということを受け入れることができなかったし、準備もできていなかったのだと思う。それほど自分を見るのが怖かったのだと思う。


そんな時を乗り越えた今の普通の日々がある。

ここに人の尊厳や尊さがあるのだと思うのです。


そんな何気ない普通の日々に感謝をしながら、今日も明日も普通の日々を送っていきたい。




最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com