top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

数々のパターンがある中で何が一番自分を苦しめてきたか?と今朝考えていました。

それはダントツで、自分を嫌うパターンです。これは本当に辛い。それは自分を刺すように、こんな自分ではダメだ、もっとこうあらねばと、あらゆる自分にダメ出しをして、自分を苦しめてきました。しかもダメな自分を隠すように、自分以外の自分になろうとする、立派な自分になろうとするオマケまでつけてきたのです。


この日記もそうで、あんなこと書かなきゃよかった、こんなこと書かなきゃよかったと後悔したことは数知れずありました。それは自分のパターンを嫌うあまり、それを恥ずかしいことだと思ったり、レベルの低いことだと思っていたのです。

しかし最近思うのは、ここに書かれている数々の私のパターンをちゃんと受け止められる自分になろう。全て許せる自分になろうというものです。


そう思うと自分のパターンのことも、そのパターンのことを書くことも、決して恥でも、ダメな自分でもない。そう思えるようになってきました。

もう背伸びをすることも、自分を大きく見せることもしなくていい、もう無理をしなくてもいい、やっと普通になれてこれたんだな。そう思うと安堵感が広がります。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page