• 渡邊 優

数々のパターンがある中で何が一番自分を苦しめてきたか?と今朝考えていました。

それはダントツで、自分を嫌うパターンです。これは本当に辛い。それは自分を刺すように、こんな自分ではダメだ、もっとこうあらねばと、あらゆる自分にダメ出しをして、自分を苦しめてきました。しかもダメな自分を隠すように、自分以外の自分になろうとする、立派な自分になろうとするオマケまでつけてきたのです。


この日記もそうで、あんなこと書かなきゃよかった、こんなこと書かなきゃよかったと後悔したことは数知れずありました。それは自分のパターンを嫌うあまり、それを恥ずかしいことだと思ったり、レベルの低いことだと思っていたのです。

しかし最近思うのは、ここに書かれている数々の私のパターンをちゃんと受け止められる自分になろう。全て許せる自分になろうというものです。


そう思うと自分のパターンのことも、そのパターンのことを書くことも、決して恥でも、ダメな自分でもない。そう思えるようになってきました。

もう背伸びをすることも、自分を大きく見せることもしなくていい、もう無理をしなくてもいい、やっと普通になれてこれたんだな。そう思うと安堵感が広がります。

最新記事

すべて表示

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ