• 渡邊 優

私にとって、今が春真っ盛りです。

なぜなら、花粉症だから・・・

もうこの花粉症とは長い付き合いで、発症したのが小学2年生の頃ですから既に40年になります。

この花粉症、本当に厄介で、今でこそ注射も薬もよく効くようになったので随分とマシにはなりましたが、昔の薬があまり効かなかった時代では、クシャミ、鼻水、目の痒みだけではなく、顔じゅうが痒く炎症も出てきて本当に春が嫌でしょうがなかったです。


しかし最近の薬はすごく優秀で、春をとても満喫できています。

春の陽気に誘われて桜を見に出かけたり、釣りにもいける、本当にこの薬には感謝。


私にとってのそんな春の名物が「鰆」春の魚と書いて鰆です。

これを明日釣りに行ってきます。

去年、一昨年と全て空振りに終わり、ここ近年一度も口にしていない鰆。今年こそはリベンジです。お陰で家族も3年待たされています。


肝心のお味の方は、クッソ美味い。皮目を炙った炙り刺身は特に絶品で、白身の身質から出る上品な脂はうっすらとした甘味があり、炙った皮目の香ばしさと絶妙にマッチして、お醤油をちょっと付けて食べるのが抜群に美味しいんです。


またサバ科に属する鰆はとても足が早く(痛むのが早い)、釣らないと味わえない魚でもあります。ですからお刺身は料亭でしか出てこなかったりもします。あと鰆で有名なのが西京漬ですね。これも西京味噌を買ったので準備万端です。あとは釣るのみ。


明日はお魚との勝負に全集中です。

最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると