top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

春のセンバツ高校野球。

私はプロ野球はまず見ないのですが、高校野球だけは別、毎年春夏楽しみに見ています。

大阪の甲子園まで応援しに行ったこともあります。隠れ高校野球ファンなんです。

その春のセンバツの中止、本っっっ当に残念でたまりません。


プロ野球とは違うあの直向きな姿、若者らしいガチンコな勇姿は観ているこちらも手に汗を握ります。

流れをつかんだときの怒涛のヒットの連続、ここでそれが出るか思うほどのエラーやフォアボールは未熟であるからこその人間臭さがあり、10点差からの逆転劇などは高校野球ならではのドラマと感動を私に与えます。(プロ野球はスマート過ぎて私にはちょっとつまらない)


どろどろになりながら一つのボールを追い、ついに来たこの甲子園という舞台。

その甲子園に向けてどれほどの努力をし、野球に全てを捧げてきた球児の気持ちはひとしおだと思いました。

その甲子園が中止となり、選手も、また関係者の方々もきっと残念で残念で堪らないと思います。

私も残念です。


直向きに頑張り、そして泣き喜ぶ、目の前のことだけに集中してプロセスの大切さや素晴らしさを教えてくれる高校球児には毎年勇気を貰っています。


今春は残念でしたが、また高校球児らしく直向きに努力して、私たちに勇気と感動を与えてもらいたいものです。

頑張れ高校球児!

夏の大会を楽しみにしています。



最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentários


bottom of page