top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昔の自分とは違う。

ここで言うところの違う自分は、何かになっている(地位や権力を手にしている)とか、何かを得ている(物質的な)と言う類のものではありません。


私の言うところの昔の自分と違うのは、純粋になりながらも本質を大事にしたい思い、動機や感情を第一に捉え、自分をちゃんと持つようになり、それは自分の尊厳を育てることにも繋がり、自分を大事にするようになります。また自分とは違う他人のそれも大事にするようになります。


自分が正しくて自分の方が上だと思っていた以前の私からすると別人のようです。

(私を知っている人ならわかるはず)

そして、とても楽で楽しいです。


以前のようにいつもストレスを抱え、イライラしていた頃とは別の世界を生きているようです。

そう、別の世界を生きているのだと思います。


何かに、誰かに刷り込まれた世界ではなく、自分で創っていける世界です。

他人からの評価やいいねを基準にしない、自分の在り方だけを追求する世界です。どの在り方を選びたいかはきっと私が一番知っているはず。


昔の自分とは違う。

以前考えていた自分とは全く違う自分になっていました。

きっとこの先も想像だにしない世界を体験し、違う自分になっていくのだと思います。

そこが醍醐味。


最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


bottom of page