• 渡邊 優

自分への諦めを感じている時、自分の黒パターンに対しても諦めている感じがあります。

それは、今まではパターンをどうにかしなければ、乗り越えなければ、という、なんというか押さえつける感覚や抑圧だったり、なんとか自分のパターンを変えようとしていたのだと思います。そのままでいいと言いながらも、苦しいからだったのか、辛かったからなのか、はたまたこんな自分ではダメだと思っていたからか、もしくは他人の評価を気にしていたからか、きっとそのどれもであったと思います。


諦めが肝心とはよく聞く言葉で、その真意が最近やっとわかってきたような気がします。

諦める=明らかに認めること

これは先生から教えてもらったことですが、まさにそのような感覚で、明らかに認めるところからしか新たな出発はないのだと思いました。現実の自分を認めるからこそ、そこから自分との本当の付き合いが始まるのだと思います。


自分との本当の付き合い。そこには無理のない安心感を感じます。

自信にも似たようなしっかりとした落ち着きがあり、これでいいという安心感です。


諦めが肝心。

大事なことだと思いました。


最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。