top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私は以前、この日記を書くのが嫌でした。

自分の内面を皆んなに知られるのが、そしてジャッジされるのが、裁かれるのが、軽蔑されるのが、見下されるのが、そして傷つくのが嫌でした。でもその反面、良く思われたいというのもあり、カウンセラーっぽい日記を書きたい、誰よりも素晴らしい日記を書きたい、しかしそうなれない自分が嫌で、日記を書くのが嫌でした。


そしてよくよく考えてみると、自分自身が一番自分のパターンをジャッジしていたんです。

立派になれない自分を嫌い、そしてネガティブと言われる黒パターンを裁いていたんです。自分で自分を裁き、傷つけていたんですね。

そこから、ジャッジされたくない、あれこれ言われたくない、傷つきたくない、理想の自分じゃなきゃ嫌だ、などの自分のパターンと向き合い始めました。そうすると自分の日記の意味付けが変わってきました。日記というものが、自分を見る機会に変わり、パターンに気付けるもの、自分のいる位置を知るもの、日々の思考の整理、成長の糧、熟考の機会、自分のために書くもの、そういった意味付けに変わり、今に至っています。


学生の頃は国語が1で、作文や読書が大大大嫌いでした。そんな私でも、こうして日記を続けていられます。とても人様に見せられるような日記だとは思えませんが、継続は力なり、という言葉は本当だったんだと思います。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page