• 渡邊 優

ワークを続けていると新たな領域に気づく時があります。

今までの黒パターンではない、黒パターンでの見方ではない領域です。

それは先入観がなく、ありのまま、そのままの現実を見ているような感覚です。

ぼやけてない、明瞭感がある感じがします。頭も心もスッキリしている、そんな感覚です。


いつもそう、というわけではないのですが、黒パターンが落ち着いてくるとこんなにも静かなのか・・自分も外の世界も。


今まであれやこれやと無駄に考え、物思いに耽り、リスク回避という名目の下、沢山の不安や恐れから逃れてきたのだと思います。何が不安で何が怖いのかに目を向けずに、損か得かであらゆる物事を勘定し、傷つかない、損しない生き方、それが賢さだとさえ思っていました。


しかしそれ以上に大切なことがあると思っています。

それが、勇気や覚悟、意志力や理解力だと思っています。そちらの方が物事が動く時の根本の動機になるからです。不安や恐れから生まれた動機なのか、意志力や勇気や覚悟から生まれた動機なのかでは、雲泥の差が生じるのだと思います。きっと撒いている種が違うのだと思います。


これらを使って生きていく新たな領域。

違うものが創造される気がします。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で